高級手作りニット マダムトリコ 

高級手作りニット専門店 マダムトリコです。

メンズ レディスのオリジナルニット商品販売と季節のコーディネート法をご紹介しております。
編物教室もしております。

2014年09月

長唄鑑賞会へ行って来ました。

掛川市の美観ホールで行われた長唄鑑賞会。

K様にご招待いただきました。ありがとうございます。

このような鑑賞会があることを知らなかったので、感謝いたしました。

鑑賞しに来てらっしゃる方の中には、お着物の方も多く、素敵でした。

私は何を着て行ったかって?

もちろんニットを着て行きましたよ。

長唄、やはり本物を、生でじっくり聞くことは、とても良い体験をさせていただきましたよ。

対談と実演では、楽しいお話と 端唄、小唄、を聞かせていただき、

鑑賞会に参加させていただいたこと、とても嬉しかったです。

杵屋勝彦先生 竹内さくら先生のお声。素敵でした。

帰りの電車でご一緒させていただいたHさんは、

杵屋勝彦先生の声の素晴らしさを熱く語ってらっしゃいました。 

40

久しぶりに電車に乗って、掛川駅へ。

歩いて5分の美観ホールへ。 

39
 
59-2

次回も是非参加させていただきたいと思っております。

おんなのこの為の あっとポッケはこちらから に掲載してます

マダムトリコホームページはこちらです。
(ただいまホームページのリニューアル中です)  
 

人気の可愛い 手編み横掛けバック

お客様から、手編みのバックを作ってほしいとご要望で、

久しぶりに手編みのバックを数個作ってみました。

まあ可愛いバックが出来ました。
 
このバックは横掛けです。

長さの調節もばっちり!

紐の部分は革を使用しております。毛100%の糸で編んであり、

ボタンは水牛です。それでこのお値段。ウレシイデスネ。

もちろんオリジナルでございます。
こげ茶バック手編み

商品はこちらからごらんくださいませ。



おんなのこの為の あっとポッケはこちらから に掲載してます

マダムトリコホームページはこちらです。
(ただいまホームページのリニューアル中です) 

 

初めてのストールの編み方


あと何段編むのかな?

まだかなあ?と

ストールを編み始めましたが、途中でパピヨンに変更したいとおっしゃって、

編んでは自分にあててみている生徒です。

パピヨンに変更しましたので、途中で増目(分散増目)をしました。

更に編んでいくと、分散減目をします。

皆さんもそんな編んでいる途中で作品を変更したいと思った経験ありますよね。

編み物ってできる楽しみは大きいですね。


48

この生徒が編んでいるストールはシルク90%ナイロン10%のモヘヤでふわふわです。

同じ素材をご希望の方はHPからお問い合わせくださいませ。

お電話でもどうぞ!

ストール分 8424円

編み図もついております。

ご希望の方には、編みはじめの1段だけ編んでお送りしております。

最初の1f段が難しいですからね。


パピヨンとは当店オリジナルネーミング・オリジナル作品です。





おんなのこの為の あっとポッケのお求めはこちらからお願い致します。

マダムトリコホームページはこちらです。 


 

可睡斎で精進料理・お料理教室

昨日は、可睡斎で開催されているお料理教室に行って参りました。
 
54

藤枝市の水月庵でも 予約で精進料理を食べさせていただけたり、


精進料理を教えたりしてらっしゃる和尚さんに教えていただけたんですよ。

これはとっても、ラッキーなことなんです。

正直な話、なかなか教えていただく順番は回って来ません。

当日は貴重なお時間をいただきました。

さて!当日のメニューは、
 
IMG_20140915_0001


強力粉からグルテンを作り、

生麩に仕上げそれから、蒸したり、揚げたり、麩饅頭までに展開

和尚さんのお料理の関するお話は限りなく広がります。

・・・・で教えていただいたお料理の数々がこちらの写真です。

上3つが生麩を使ってのおりょうりです。

栗ご飯、 みょうがと菊の花の酢のもの、 柿の白和え、 枝豆のお豆腐?(真ん中のグリーン)

冬瓜汁、 れんこんのすりおろしたものを揚げたもの(れんこんしんじょ)。


とっても、おいしゅうございました。
2014-09-15-1


また和尚さんの包丁さばきも見事なものでした。ただただ見とれているだけ・・・・・・
 
また行きたいな。

あっ!可睡斎は静岡県袋井市のございますが、この和尚さんの精進料理教室は

県外からの参加者がとっても多いですよ。

可睡斎ではイベントごとの精進料理もいただけますよ。

(ご予約が必要です)



 

牛革でつり銭トレイを作ってみました。


今まで、つり銭トレイを青のプラスチック製使用しておりましたが、

お客様に「新しいトレイにしてみたら?」な~~んて言われました。

自分では全く気が付かなかったのですが・・・・・・・

教えていただいてよかったわ。ありがたきお客様。

トレイを革で作ってみましたよ。

四方をかしめて、ちょっとフリルを作って、模様をつけて

ラッカーで固めました。

いかがでしょうか?

結構いい感じに出来たと思って満足しております。

26

これで少しづつ使いこなせば味が出てくるね。

ニット&革でバックも作ってみようかな!

楽しみでーす。

 
お問い合わせは
記事検索
マダムトリコのネットショップ あひみぃ
高級手作りニット専門店
人気ブログランキングへ
店舗
     
〒 426-0082
静岡県藤枝市瀬古1-11-13
高級ニット各種製作販売 
マダムトリコ
TEL 054-689-2222


スカイプ
  • ライブドアブログ